未分類

物干台 

好きな詩です。

これは歌です、作詞 笠木透  作曲 田口正和

我夢土下座 という岐阜県は中津川、恵那?地方に巣くうフィールドフォークグループで、私のあこがれの生き方なグループです。

♪ 物干台 ♪

屋根の上の 物干台に

物干しザオが 並んでいる

風にはためく 白いせんたく物

ほのかに匂う セッケンの匂い

* お父さんのパンツ お母さんのパンツ

子どもたちのパンツ 赤ちゃんのパンツ

以上。

今、次回の本番に向けて試行錯誤中。
まずはコードを、、う~ん、、、耳悪いわ、わし。←おとうさんのパンツ ヾ(-ε-o)ォィォィ

howm でメモ&講義ノート by Meadow

久しぶりのPCネタですw

へーゲルを読む会のテープ起こし、正確にはCDおこしですが、をhymd3aさんの助言を頼りにhowmで行いつつあります、複数のマイPCでも使えるようにファイルの保存先はデフォルトとDropboxにしています。

環境はwin vistaなのでMeadowさんを使っています、しかも設定済みなのを …(滝汗)

今のところ職場のマイPCではメモとして、家では(たまに)CDおこしとして活躍されてます。最近のネットブックは割と高スペックなので職場ではlenovoのideapad s-10-2とかいうのですがメモリを2Gに拡張して使っています。快調に動いて頂いて感謝ですね。

キー操作を激しく忘れている、昔使った時もあったぐらいなのでC-x C-c とかも忘れてたりするタコです(ΦωΦ)フフフ・・
howmをついhownとタイプしてしまいます。emacs上ではC-c ,,なんですがね・・・ミスタイプとキー操作を混同しないようにということを言いたかったのですが、なぜhownとミスしやすいのだろう???

いずれにせよ >>>と<<<でタグになるなんていうすんばらしいシンプルさです。

100人のギタリスト その6 AC/DC  ヤング兄弟

AC/DC – Wikipedia.

きょうはここを参考に。

AC/DCなんてプログレとは正反対なグループという思い込み(事実そう!)なためまったくスルーしていましたが、調べて見ると長いキャリアでストーンズや多くの同業者から尊敬を集める方達だそうです。(wikipediaより)

また、ヤング兄弟が使用するギターはギブソンのSGとグレッチだそうです。

それでは映像をどうぞ。

100人のギタリスト その5

今回はAllan Holdsworth。

2chなどのネットではアラホーなどと呼ばれていますが、私はこのギタリストはライブに行ったことがある(エヘン)

出来てからそう年数が経っていない名古屋市芸術総合文化センターに見に行ったのだった。だいたいいつもCDや本で散財しているものだからライブなんかに行くお金がない(^^;)

確か84年頃に出たroad gamesというLPレコードを買ってそのツアーで日本に来たのだと記憶している、確か高いパンフも買ったようだ。ま、個人的な思い出は置いておいて。

かれは何でもミュージシャンズミュージシャンらしくエドワード・バンヘイレンあたりは自分が両手でやることを彼は片手でやってるみたいなコメントを当時していたがホンマかいなw

とにかく早弾きでそのウネウネとした音色が屈折した音楽ファンには人気がある。実際マイルス・デイビスのドラマーのトニー・ウィリアムスのソロアルバムにも参加しているくらいだからいわゆる超絶技巧なんだろうけど。昔からその音色故に賛否両論というか好き嫌いが分かれる人でした。

他人のアルバムにゲストで参加している時のフレージングが抜群で、逆に自分のソロアルバムではいつまでやってんだい!みたいな気にさせられることも多いのだが、この人の音源は結構聞いたし持っているのでおすすめとしては、ロック系ではyoutubeの動画でも出ているSoft machineの「Bundles」あたりかな?やっぱり。Jazz系では(アクロス・ボーダーな方ですな)上記のトニー・ウィリアムスのソロアルバムやジャン・リュック・ポンティの「秘なる海」とか70年代のアルバムが熱い。「秘なる海」ではツインギターとエレクトリック・バイオリンの掛け合いが当時手に汗握るほどで感動したものだった。

80年代になり「シンタックス」とか言うギターシンセを自分で開発して、ライブの時もやっていたが、youtubeでも見られる、ホワーンとした音色を聞かせているが私は好きでない。

100人のギタリスト その4

今回は、Alex Lifeson です。

しかし変わった名前ですよね、Lifesonだなんて。私が知らないだけでしょうか?

え~と、ラッシュ(Rush)というバンドのギタリストだそうです。そう言えばプログレっぽいバンドにそんなのがあったような・・・まだ現役だそうです、失礼いたしました。これを機会に勉強してみたいと思います。

音を聞いたところでは、カンサス+ジャーニーって感じかな?

この方のギターリフをYoutubeでアップしている方も多くみえるので多分テクニシャンですよね?プログレ系だし?

100人のギタリスト その3

今回は Albert Lee さんです。

ご覧の通りカントリーミュージックです。しかしこの人も上手いですな。例によってAmazonから今回はカスタマーレビューを。

熱 望していた名盤「ALBERT LEE」のCD化, 2004/10/25

採用されたレビューに誤字がありましたので、今回のものに変更していただきたいのですが・・・・すでにCD化されていた「HIDING」と、名盤と 評価されながらCD化が長く望まれていた「ALBERT LEE」が1枚になって発売されて感謝感激です!
ファンサイトでは、「REAL WILD CHILD」の名ですでに販売されているとの情報がありましたが、こうして懐かしいジャケット(サイズは小さいですが)も見れて嬉しい限り・・・・。
と かく、「COUNTRY BOYの後半のギターソロが超絶技巧!」との誤った説明がギター雑誌などで紹介されていますが、本人がビデオで解説している通りディレイマシンを使って原 音とリピート音を合成して単純な演奏が複雑に聞こえるだけであって、彼の本当の素晴らしさはそんなトリック的なものではありません。もちろんストリングベ ンダー搭載のギターでのペダルスティール風サウンドも同様で、何度「超難度のベンディング!」なんて紹介されていたことか・・・。
カントリー ミュージックをこよなく愛した英国生まれのミュージシャンの、あのチェット・アトキンスも愛した音楽を是非聴いて下さい。
ジョー・コッカー、エミ ルー・ハリス、エリック・クラプトン達が自身のアルバムに彼の参加を望んだ気持ちがわかるような・・・・。

てな感じです。

多分映像は70年代の頃でしょうか、個人的にはカントリーとロックって何処がちがうん??リズム的には同じやん。

みたいな感じです。ま、カントリーの方がメジャーキーでしょうか? ・・・

100人のギタリスト その2

第2回は、ご覧の通りアルバート・キングです。

しかーし、知らないものは知らない。このアルバムは有名らしい。

何故って?

amazonでAlbert Kingで検索したらトップに出たから (>_<)

機会があったら聴きまーす(ぉ

今日は娘の誕生日だった

そうそう、忘れていた、書くのをネッ(oゝД・)b

おめでとう、○○○さん。
あなたが生まれてきてくれてお父さんはとてもうれしかったのを今でも覚えています。

とうさん より