「 メモ 」一覧

「花は咲けども」

今日ふと去年の録画番組を見ていたらNNNドキュメントという番組でこの歌を久しぶりに聞いた。

番組。時間のない方は下の「花は咲けども」フルバージョンだけでも聞いて下さい。

 

そして、この歌のフルバージョン♪


インフルエンザ

職場で流行っている。職員も半数近くかかってしまった(゜o゜;;

B型が多いので自分は大丈夫(3月初めにやったからね)と思うけれど、かかった人はみんな苦しい思いをしていることだろう。

しかし集団感染、しかもこの春先のインフルエンザ流行には驚いた。


長女の受験

早いものだ。

来週は私立の受験、3月は公立高校の。

なんだか実感がわかない。

その最中はそんなものか?

子どもは着実に成長し、大人は着実に老いていく。


THR5A

IMG_20150912_001540

 

 

 

アンプを買った。

とある方が買われたと聞いたらずっとAmazonのカートに入っていたのを買ってしまった(^^;)

定価20000が中古15000だから良しとしよう。


omniboxes というマルウェア、そして削除方法。

自分はこちらを参考にしました。

omniboxes-removal

自分の場合はGoogle Chromeでこれが発生。

コントロールパネルからのプログラムの削除にもこのプログラムが一覧表示。

アンインストール後もユーザーのフォルダはしっかり残っていて、フォルダを削除しないとまたあらわれるというしつこさ(゜o゜;;

 

上記リンクに沿ってフォルダ削除し、「検索エンジンの管理」からURLも削除し、ようやく落ち着く。

久しぶりのしつこいマルウェアだった(^^;)


不運がつづく・・・

見出しの件で誤解があるかもしれませんが(^^;)

①きのうは台風の影響で朝大雨。通勤時自転車なんだが、車と接触

②そのうえ昨日の夜は泊り仕事!

③慣れないマクラで今朝起きたら首を寝違える!首の付け根に力が入ると痛くて仕方が無い(車運転のブレーキがかかる際とか、靴下をイスに座ってうつむいてはけない)。

暑い夏が終わりに近づき体も疲れているのだろうか?

日曜はコンサート、その後「戦争法案反対」の地元集会への参加、明けの月曜はまた泊りの仕事。泊まりは困難な事例への対応が予想されていて、仕事明けの9月1日(火)は体はボロボロだろう、きっと。


岩倉市議会議員選挙終わる。

2015年の統一地方選後半戦が終わった。

結果

個人的に応援していた候補は当選したが、全国的には好調な日本共産党の議席が3→2に1議席減、という結果だった。

形式的に言えば、共産党の議席が一つ減ったと言う事は、代わりに当選した無所属系の議員がその受け皿になれるのかどうかということだ。でなければ次回の選挙ではまた議席をもらっちゃいますよという事でしかないという感想をもった。


嘘ばっかり!→Vol.1 大切なのは「人」。心が動くマネジメント – ベンチャー・起業家支援サイト

少しは「批判」してもいいだろう。

他人の経営を邪魔する意図はない、どうぞ勝手におやりください。そんなことがいいたくてブログにしてなんかいない。

人間の自由について考えているんです。だからジャンルは「哲学」です世の中でどう「成功」するかなんて2の次です。こんな事をいちいち断らないといけない世の中はすでに間違っていると思うこの頃。

↓こんなものを真に受けてはいけない。

「承認論」はヘーゲルのオリジナルではなかったというお話―『承認と自由』(1)

ヘーゲルを引っ張り出してわざわざ承認なんて言ってる人がいるが、だいたいヘーゲルの「承認論」は精神現象学の「主と奴」の項で出てきている項目だよなァ、、

要は社員をどう使い回すか、言い換えると、どう自分の思い通りに動かすか。と言うことで、それで本当に「自由」になれるのだろうか?社長はなれるでしょうが「自由」に。でも社員は心だけ「自由」「幸福」になるだけで○○○がないですよ.

昭和の頃は社長も社員も共に幸せになる道を目指していたんだろう?21世紀、新自由主義が吹き荒れ「格差」が広がり続ける中社長達は食うか食われるかという中にいる。いっしょに「幸福」になれる(なる)なんて幻想はやめた方が賢明だと思うのは言い過ぎだろうか?現実はどうだ?

21世紀にもなる現代の人材育成「技術」はマネジメントと言う言葉でここまで無自覚に人間の自由を奪うと気をつけないといけないなと思う「事例」。

まあ100パーセント悪いとは言いませんがweb上だしね、ほどほどにしとくよ(^_-)–☆

 


第27回社会福祉士国家試験 自己採点

今日は体調が悪く一日寝ていた。。。

夜になり落ち着いてきたので速報を元に採点をしたのを少し分析してみた。

ケアサポの速報と赤マル福祉を参考にして、合計88点。共通が53点専門が35点。

現在赤マル福祉の利用者の平均点は90点を超えるとのこと!今後点数は減少していくでしょうが。上記赤マル福祉で登録して、共通科目の偏差値が54、専門は38。判定は前者がA、後者はC。という何ともな結果だった。

さて、やはり気になるのがボーダーラインの最低点だ。上記赤マル福祉では

現時点の判断として、今回の合格基準点は80点は必須となり、85点を超えてどこまで本来の6割(90点)に近い設定となるか?が気になるところですが、(以下略)

とのこと。

ネットなどの書き込みでは昨年と同じ84ぐらいとか80台後半とか、色々、悲喜こもごもという(^^;)       やはり今回の試験の結果は過去最高点のボーダーが出るんでしょうか、どこかで過去の第20回が87点というのを見ましたが、、、

いや~、3月13日(金)の発表までが長いですね~、、その頃には今の気持ちは忘れていると思うので備忘録として残しておきます。


ブレヒト 「学習をたたえる」

ブレヒトの詩です。

「学習をたたえる」

ベルトルト・ブレヒト(1898-1956 ドイツの劇作家,詩人,演出家)

学ぶのだ,誰でも知るべきことを。

時代をいまにないとろうとする者が

学ばずにいていいものか。

学ぶのだ,ABCを。それだけでは足りないが

まず学ぶのだ! いまさら,などと言わないで

はじめよう! きみはすべてを知らねばならぬ,

きみは前衛とならねばならぬ。

 

学べ,ドヤにいるひとよ

学べ,監獄にいるひとよ

学べ,台所の女よ

学べ,六十の老婆よ

 

きみは前衛とならねばならぬ。

学校へ行け,家をもたぬ者よ

知識を手にいれろ,こごえる者よ

飢える者よ,本を手にとれ,本も武器のひとつ。

きみは前衛とならねばならぬ。

 

同志よ,しりごみせずに質問するのだ,

ひとのことばを受け売りせずに

じぶんで考え,確認することだ,

きみがじぶんで確認せぬものは

わかったもののうちにはいらぬ。

勘定書を検算しろ,

支払いをせまられるのはきみなのだ,

内訳のひとつひとつに指さきをあて

きいてみろ,この金額はどうしてだ,と。

きみは前衛とならねばならぬ。

(「ブレヒト詩集」飯塚書店より)

胸に刻みたい。