フリーのオフィス・ソフトの紹介

libre office無題2PCの世界にはMicrosoft Officeというソフトがあり、3~4年毎のアップグレードで2~3万するというべらぼうな殿様商売がある。

一方それに反対する考えの「フリーソフトウェア財団」というものがあり、その考えに賛同しているフリーソフトのプログラマが、それこそオペレーティングシステムからアプリケーションまでボランティアで開発にあったている。

マイクロソフトに2~3年毎に「年貢」を納めなくても、少し勉強すれば何とかなる。という割とみんな知っている情報を。

以前はOpenOfficeという名称だったが、最近考え方の相違でそこからLibre Officeというグループに分裂した。しかし基本はそれほど出来映えには変わらない。そのうち技術的な理由やらで再統合するかもしれない。

そういう自分も、OpenOfficeの日本ユーザー会のメンバー登録をしていたことがあり、当時はまだバージョンが1.0になる前のベータ版だった。インストールすると文字化けというか日本語の部分がいわゆる「トーフ」という白い四角で真っ白。日本語フォントを置換える作業が手作業で、ものすごく手間がかかった覚えがある。

職場でフリーのオフィスを使う人がみえて、OpenOfficeとLibreOfficeのどちらかを自宅PCに入れる必要が出てきたので、LibreOfficeの安定版バージョン4.3.7でなく開発版(ベータ版)の4.4.3を入れてみた。

ダウンロードはこちら。日本語のインストーラーなので特に心配ないかも。

安定版をおすすめします。自己責任の世界ですし、、

上記画像はそのスクリーンショット。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメント

  1. ito より:

    僕は Open Office を使ってます。
    単独利用だと全く問題ありませんが、Microsoft Office とのデータ互換性が少し怪しいかな?
    特に、WORD で作られたデータを開くと、行間隔なんかが乱れる感じがします。

    • murata より:

      >itoさん
      互換性問題は永遠の課題ですよね。昔に比べてもレイアウトの崩れはかえってひどくなっているような?気のせいかな?(笑)