戦争法廃止へ日本共産党の提案――国民連合政府の実現を

小林節という人は怖い人だ。

顔も怖い。

思想も昔は右翼(に近い)?

番組の司会者も隣で緊張して、声も震え気味。

びびってんじゃねーぞ。と言いたいがこの人小林節は怖い。

顔も怖いが何より自分の考え方を曲げない怖さがある。しかし実際は彼も時代とともに学習をしてきた、と自分で言っている。

しかし、この小林節という人は笑うとなぜだかとても可愛い顔をしている。この笑い顔はいい!こういう人は本当に自分の行動に嘘がない人だろう。

だって子どものような笑顔をしているから。

主権者は国民であり、一時的に選挙という形で権力を与えているのが政府(今回は自民・公明)。

当たり前だが、言われてそうかと思うのはまだまだ民主主義が血肉化されていない自分や日本人。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメント

  1. harikeen より:

    国民の、国民による、国民のための政府をつくる。
    それしかないね。