100人のギタリスト その7  by B.B King

今回は、B.BKing

う~んあまり思い出せないナー、、(^^;)

まずは音でも

モントルーとか書いてあるのでかのJazzフェスでの演奏でしょうか。

しかし、ギターに指一本だけ残しておいてのビブラートというか残りの指が動く動く、あたりまえやん。

と突っ込みたくなります。

戦前幼い頃は小作人だったとか、エリック・クラプトンとのちにアルバムを作ることに、というかクラプトンの方が好きで作った。

ぼくは、ジャズは好きだがソウルはなぜかきらい、ブルースは曲による。

それは、きっとどういう料理の仕方でも演奏できるからなんだと再確認。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメント

  1. 岸谷 長太 より:

    >残りの指が動く動く

    イソギンチャクが獲物を呼び寄せる疑似餌みたいなものでしょうか?
    (^_^;

    この人の歌の合間にはいる、ビブラートの効いた、単音の「こき~~ん」てな感じの白タマ、好きだわぁ。

    昔、クルセイダーズがバックをやったアルバムは、聞きやすいしポップだし、好きだなぁ。

    • admin より:

      岸谷さん

      毎度のフォロー サンキューです。
      私の日記よりあなたのコメントの方を期待してたりします (^^;)