ソドムとゴモラ

なぜこういうタイトルかというと
フランスにマルセル・プルーストという作家がいる。
代表作は「失われた時を求めて」だろう。

元来がコレクター的な私も、以前新潮社からでていた単行本、鈴木道彦訳と、ちくま文庫の井上究一郎訳の2つを持っている。

最近これのマンガ版が出ているのを知り(母国フランスではコミック版が出ていて、2巻まで邦訳版も出ている)のだが、amazonでコミック版を立ち読みしたら(中身検索とかいうのね)案外面白そうだったので、値段も1000円でおつりが来るぐらいだから買ってみた。

この内容はなかなかショックなものだった、というか面白いものだった。

僕はてっきり哲学的な内容を期待してたのだが、結構通俗的でわかりやすい内容ではあった、あくまでもマンガでの話しだが。

しかし、不思議なものだが内容が分かりかけてくるとこのとてつもなく長い話しを読んで見たくなるものなんだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする