100人のギタリスト その11  ~ While You See A Chance ~

最近リマスターされた音源でベスト盤が出たSteve Winwoodさんです。

かれは以前はオルガンをよく使われていたんですが、この80年のヒットからはシンセに乗り換えました。声も渋くていいですd(^-^)ネ!若い頃から渋い声でした。

かれはマルチプレイヤーで、ギターも結構上手いんですが

70年代にまでそうするとさかのぼらなくてはいけないので、この歌でお茶を濁します。ブルース好きなイギリス人の成功した例でしょうか、クラプトンなんかと似ていますね。昔のイギリス人はみなブルースが大好き!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメント

  1. jimmy page より:

    昔のイギリス人はみなブルースが大好き!。
    私もです。
    あの時代の音楽は今でも輝いています。
    でも、若い人にはウケないかな??。♪