「春を待つ手紙」

大好きな、春を待つ手紙です。
この歌を聞くと2月のこの頃を思います。

2月は自分にとって大きな事のある月。

母の死、大学受験、病気、留年、就職、、、長女の誕生も2月 ・・・
歌の最後の「・・・泣きたい気持ちで、冬を越えてきた人」を聞くと今年もこの季節、冬から春へ移る直前の
この時期が来たのだなと感慨深いものがあります、一区切りついた冬。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメント

  1. harikeen より:

    いい日記だね。言葉が、伝わってきます。思いが伝わってきます。