生涯教育??

わが街の生涯教育について友人と語ってきた。
生涯教育が生涯教育産業になるのだろうか?
生涯教育は素人でもできるのだろうか? (以下少し修正)

ここで「素人」と言う言葉を表面的に理解しないで欲しい。ヘーゲルの言葉を借りれば「学的認識は、むしろ対象の生命に身を委ねることを、あるいは同じ事ではあるが、対象の内的な必然性を自らの前に置き、それを言い表すことを求める」そういう勉強をしているのか。そういう問い返しを自分にしているのだろうか?それは自分が不利になるとか立場が悪くなるとか求められたことをよそからの言葉で代用して、反論すること自体で満足してはいないのだろうか?

専門家の必要性は言うまでもないのだが・・・専門家は必要ないのだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする