「 CD 」一覧

新譜購入 Alison Brown アリソン・ブラウン

IMG_20151009_213136コーヒーの写真に埋もれているが(^^;)奥の方の水色のジャケットがアリソン・ブラウンの新作『The Song of The Banjo』♬♪

泥臭く田舎くさく、古き良きアメリカ(?)なバンジョーではなく

あくまでもシンプル、リリカル?、メロディアス、気持ちいいのだとにかく。

曲目は数曲のオリジナルを除けばカバーが多いが、バートバカラックやシンディー・ローパー(Time After Time)その他諸々。ドラムスが全編スティーブ・ガッドなのが気づかないが何回か聞いてくると少し抑え気味な感じだが微妙にしっかりと隠し味になっている。あのフュージョンドラマーもバンジョー奏者とアルバム作るなんて、、時代かな、、

せっかく買ったからジャケ写を

IMG_20151009_234622これがジャケ正面♪

ブロンドは得だね。

 

 

IMG_20151009_234636ジャケは三つ折りになっている。

これは裏の部分。

曲目が分かる。

おされな裏ジャケット♪

IMG_20151009_234710

三つ折りの右側の中ジャケ、、言い方が合っているのか??

ちょうど真ん中あたりに日本語でコメントしてあります。

中島ファミリーバンドとか渡辺三郎さんとかミュージック・プラントの野崎洋子さんとかにお礼を言ってる。

 

IMG_20151009_234725

これが三つ折りの中ジャケを広げたところ。

右に写るアリソンが美しい♪

しかし彼女はぼくと同い年、もう50を越えてしまった(゚∀゚ ;)タラー

などと、ほとんどミーハーなコメントになってしまった(^^;)


リリー・クラウスのボックス購入

IMG_20140929_110730写真のボックスを予約していたのが届きました。今日はお休みだったので一日聞いていました。

やはりこの人のモーツァルトは生命力あふれて自分は好きです。アクセントがどうのというのは今はよく分かりません。

この写真はずいぶん若い頃の写真でしょうか?可愛いですね♪

リリー・クラウスはハンガリーで生まれたユダヤ系の方で、ナチスから逃れニュージーランドへ行く途中に立ち寄った(演奏旅行?)インドネシアで第2次世界大戦に日本が参戦しシンガポールを占領中の日本兵に捕まります。しかし現地の将校にに音楽に詳しい方がいてピアノ演奏を許されると言う話があり「リリー、モーツァルトを弾いてください」と言う本が有り買ったのですが早く読まないといけません(^^;)


お買い物、、

IMG_20140919_235125 IMG_20140919_235108 IMG_20140919_234354 IMG_20140919_234439 IMG_20140919_234350SEON-COLLECTION の予約したものが届きました。

開封が仕事でここのところ遅くようやく今日、しかし明日も一日仕事で夜はジャンボリーの練習。

貧乏ひまなし、というがこの場合は貧乏自業自得残るはカードの支払いのみ(゜o゜;;

 

こういうときは開き直って、「人間生きてるうちが花だよ」と小さい声で言いましょう(^_^;)

1枚目のグレゴリアンチャントから正座して聞いています、、

ジャケットは厚めの紙でCDの取り出し口のところが中に曲げてあるので出し入れもスムーズ、ディスクにもやさしい(かも)。ジャケットやボックスの装丁が以前のルービンシュタインのBoxににていると感じました、まあ同じSonyなのでそうなんでしょうか。

「秋の夜に古楽」なんとももの悲しく、枯れていく感じで(?)とにかく落ち着きますね(*^_^*)