第27回社会福祉士国家試験 合格発表

今日2時に発表されました。

第27回社会福祉士国家試験の合格発表について
社会福祉士及び介護福祉士法(昭和62年法律第30号)に基づき実施した

第27回社会福祉士国家試験の結果等は次のとおりです。

1 試験日 平成27年1月25日(日)
2 試験地 24都道府県
3 合格発表日 平成27年3月13日(金)14時
4 合格発表 厚生労働省及び当センターに合格者の受験番号を掲示するとともに、当センターホームページでも閲覧可能です。合格基準点及び正答についても併せて公表します。
また、全受験者に対し総得点、科目ごとの得点及び無得点科目などを通知します。
5 受験者数 45,187人
6 合格者数 12,181人
7 合格率 27.0 %

また、

第27回社会福祉士国家試験の合格基準及び正答について
1 合格基準
次の2つの条件を満たした者を合格者とする。
(1)

ア 総得点150点に対し、得点88点以上の者(総得点の60%程度を基準と し、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)。

イ 試験科目の一部免除を受けた受験者
(社会福祉士及び介護福祉士法施行規則第5条の2)
総得点67点に対し、得点37点以上の者(総得点の60%程度を基準と し、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)。

(2)  (1)のア又はイを満たした者のうち、(1)のアに該当する者にあっては
①から⑱の18科目群、イに該当する者にあっては⑫から⑱の7科目群すべてにおいて得点があった者。

という基準点が88点(史上最高)!

(2)はいわゆる0点科目なので省きます。

自分は自己採点で88点だと思っていたら、先ほど正解を見直したところ89点の間違いの可能性が出てきました、いずれにせよ来週には結果の通知が来るのでそれで分かります。

受験番号も確認でき、多分ぎりぎりの所で拾われたようです(゜o゜;;

さて、合格発表の「参考」欄に本当に「参考」になった数字が出ていました。

4 合格者の内訳

(3)年 齢 別

年齢区分(歳)    人数(人)     割合(%)      備 考

~30         6,055(6,306)    49.7(50.3)    ( )内は第26回の試験結果

31~40       2,730(2,690)    22.4(21.4)

41~50       2,000(2,082)    16.4(16.6)

51~60       1,113(1,162)     9.2(9.3)

61~          283(300)      2.3(2.4)

という年齢別の合格者数です。

これを見ると自分の年代は全年令の9.2%しかいない、本当に若い人が取る資格なんですね~、まあ、若い方が時間も記憶力も集中力もあるわけなので別に不思議な結果というわけではありませんが。

本当に合格の通知が来るまでは信じられないのですが、、

ま、自分頑張ったかな?という結果でした(゜o゜;;

おっと、中井貴一主演の「雲霧仁左衛門」が始まる、早く見なくっちゃww

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする