解釈

解釈  Interpretation

という題名のアルバムを出した Bettye Lavette のアルバムタイトルです。

ちなみにソウルですが、、、、
ピンク・フロイドのWish You Were Hereをこう「解釈」されています、買ってみましたが渋くてするめのように味わいのある(ありきたりな表現)CDです。

元歌、原曲は↓です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメント

  1. jimmy page より:

    う~ん、実に渋い。
    といっても私は本家をよく理解してないのですけどね・・・。
    フロイドは難しいです。